次に大切なのは相場をチェックする事です

ついに仕かける時という場合では事前調査をしなくてはいけません。

売買を行う前ならば起こる事を冷静に調べる事が可能です。

だがしかし、いっぺん売買の内部へ飛び込んでしまうと、どうしても見え方が主観的になる場合があり時々しっかりとした状況判断ができなくなる恐れが生じる。

そのために自分自身のメンタルが合理的な状況で準備を進めておくことが必要です。

この”j事前準備”のためには、とにかく自らの物語を書くことから始めます。

今からの投資状況はああだから、この外貨を売買するというような、台本を書いていきます。

次に大切なのは相場をチェックする事です。

今までの為替レートの上げ下げを見定めて、値動きを調べます。

すると、「現時点では過度に行き過ぎた水準だ」他には「とっくに大方の人々が買い(あるいは売り)に動いているから今から自分がエントリーしても今はもうなすすべがない」などと分かってきます。

言うまでも無くもはや買い(または売り)するのがやりようがないと考えたならば、ここはすっぱりと割り切ることが肝心。

どうあがいてもあなたなりのシナリオを押し通そうとして、新規エントリーすると、相場にやられてそれどころか損失を被ることになりかねない。

そうは言っても多くの場合、準備が整った自分の物語を書いているとすれば、エントリーがなすすべがないというケースにはなりません。

実際に外国為替市場が変動する前の状況のはずです。

次に、とりあえず自分が売買しようと決めているポジションの変化をしっかり調べる事が肝心。

仮にドル高になるであろうという物語を作ったのであればその外貨の上下動に注目する必要があります。

外国為替市場の上下動を確認し始めた状態では、まだまだ該当の外貨は誰の眼にも明らかに動く気配を見せないで上や下に小さな変動をしているだけでしょう。

でも、その推移を正確に注目していると、ある状況で確実に円安へと相場が動き始めてくる。

このチャンスで初めて、ドルのトレードします。

おおむね、ここまで周到に準備をやっておけば、そのトレードで利益を上げる割合は比較的高くなるはずです。

コンテンツメニュー

    Link